我が家の育児 ぴよぴよクラブ

大阪市北区のインファントマッサージ(ベビーマッサージ)教室、我が家の育児日記、母の趣味などを綴ります

2017-10

あぁ・・大阪へ

いよいよ最終です。おつきあありがとうございます

2017_908w1.jpg


最終の夜は、次男所望していた「卓球」を2時間遊びました

長男は、カタツムリさんなので、なかなかやる気スイッチが入らず、押したり引いたりしながらなんとか参加してくれました。

2017_908w2.jpg


帰り道に素敵な場所へ

2017_908w3.jpg



オシンコシンの滝です。
すーごいマイナスイオンを感じるような細かな水滴が飛び散っています。
北海道は気温的には涼しいのですが、やっぱり夏は暑いのです。

24度ぐらいだったかな。

それでも暑いです。
一概に温度だけで判断できないんだなぁ~といういうのを体感いたしました。

2017_908w4.jpg


放牧の牛さんみてない!と思ったら、帰り道にちらっと見えました。
ジャガイモ街道と書いていますので、この道はジャガイモ畑が多いんでしょうね。
有名なお菓子、白い恋人のアイスクリームがあったので、頂きました。

2017_908w5.jpg


次男は違う店でこのようなものを見つけて嬉しそうに食べていました。

2017_908w6.jpg


最後の景色です。

2017_908w7.jpg


さよなら~北海道

女満別から伊丹まで飛行機です
北海道から青森に入るとき、たまたま雲が晴れて、見た事ある日本地図の一部が見えて一人興奮していました。
ホントにこんな地形なんだ!発見するって楽しいですね。


2017_908w8.jpg



そして、奈良県と大阪府の県境上空の入道雲
暑い世界に戻ってきました。


34度の世界


懐かしい場所へ降り立ちました。

知床五胡へ

ほぼ日記状態です。

今も、3週間前にはあの涼しい、心地よい場所にいたんだと思い出します

パパ曰く、「食べてるから歩かなきゃ!」という提案でしたが、行ってみて正解でした。



ほんときれい



日本じゃないような景色でね。


2017_831w1.jpg


このに入るには・・、

2017_831w2.jpg


入山手続きがいります。
そして、クマ出没のことを聞くのです
恐怖というよりは、自然と共有する、自分を守るためのことです

2017_831w3.jpg


なかなか写真撮らせてもらえないのですが、ここぞとばかりに。

2017_831w4.jpg


ここから歩きます

2017_831w5.jpg


木材を使った舗装をおおむねされているので、そこまで歩きにくさはなかったです。
多少の階段ぐらいかな。

2017_831w6.jpg


キリがかかっていて、なんとも幻想的な・・


きれい・・・


足が止まりますね。

2017_831w7.jpg


開けている場所で。
視界を邪魔するものぜんぜんないので、よけいに魅了されるんでしょうね。

2017_831w8.jpg


どこを撮っても絵になる気がします

2017_831w9.jpg




2017_831w10.jpg




2017_831w13.jpg


途中、何かの絵本で出てきそうな素敵な場所がありました。

2017_831w14.jpg


写真では見えないのですが、この場所でエゾリスを見つけたのです

ここまでおおむね40分ぐらいの散歩。
ここを抜けると一気に開けます。
そして、クマがこれないように電気柵されているので、安全エリアがありました

2017_831w15.jpg


あるいてきた後の、さらなるご褒美のような感じがしました

2017_831w16.jpg


ツアーで来られている方々は、こちらの安全な道を通ってこられます


さぁ、本日のお宿へ・・の途中で見かけたもの


2017_831w17.jpg



犬じゃないよね?キツネさん。天然もの始めて見ました。

カムイワッカの滝へ

翌朝、知床半島をお船に乗って見に行くツアーに参加してきました。

2017_830w5.jpg



まずは、知床半島の地形の勉強する場所があったのでそちらに立ち寄り、クマや生息する生き物などについて学びました。


2017_830w6.jpg



そしてお船に乗ります。
この船、冬には流氷を割りながら進むことができるお船だそうです。
寒いの嫌だけど、すごい景色なんだろうなぁ~と思います。


中には、普通席と特別席という名の、冷暖房ちゃんと聞いていて屋内見渡せる場所もありました。

そして、外へ出てみると・・


2017_830w7.jpg


洞窟が見えますね。

夏の海なんです。

水の上なので涼しいからちょっと肌寒さも感じます


2017_830w8.jpg


その中でかき氷を食べる長男。アホです。

食べ終わるころには寒いと言ってました。


2017_830w10.jpg


こちらがカムイワッカの滝だそうです。

携帯カメラでは限界があり、望遠鏡を持ち合わせていたので、望遠鏡のレンズを携帯カメラで覗き込みながらとる手法で近くを見ていました。

結構な水量があるので、それはそれでびっくりです


2017_830w11.jpg



滝を後にします

知床半島先端までのコースだと往復3時間船の上なので、今回はここまで。
それでも十分楽しむことができました。


2017_830w9.jpg


この先に、北方領土の場所になところがあるんだなとみつめつつ。



お船を下りて、1か所寄り道したのち、羅臼昆布で有名な羅臼へ行きました。


2017_830w13.jpg



うっすらしか見えませんが、この先に北方領土が見えています。


2017_830w14.jpg



みえますか?拡大してみました。

博物館・網走監獄へ

はじめに。

こちらに来るまでは、映画の影響を非常に強く受けていたのがよくわかりました。
北の大地で、いろんな人がいろんな思いで、もちろんその時代の囚人と刑務官さんがいらっしゃった事なんですが、悪人が懲らしめられるために送られた場所という印象を受けすぎていました。


それだけじゃない、網走という場所のこと。


日本の国土について学ぶいい場所だったと思います。


2017_829w10.jpg



こちらは、入所するときも退所するときも必ず通るといわれる「かがみ橋」それを再現されていました。


蓮が満開でとってもきれいでした。

2017_829w11.jpg


こちらが、監獄定食という名のレストランがあって、おいしいさんま定食を戴きました。
器がプラスチックというのがいい。
給食感まんさいです。

2017_829w12.jpg


明治時代に建てられた網走刑務所の表門を移動させたそうです。

北海道は、なんでも自給自足の場所。
ひとつひとつの煉瓦でさえ作っていたそうです。
それだけよそから何も入ってこないところだったんだろうと思います。

2017_829w13.jpg


歴史についてまなびました

ロシアからの防衛するために早く北海道の交通をよくしなければならないという使命がその当時あったそうです。送られた囚人と看守はそんなことを知らず、網走から北海道中央の旭川方面まで8カ月で道を作ったといわれています。過酷な労働にて囚人だけでなく看守も命を落としたそうです。

2017_829w14.jpg


今の時代、どのように刑務所までたどり着けるのか。
いや、あってはならないのですが、刑期が決まるまでのことを書いている表がありました

2017_829w15.jpg



こんな食事や衣類を身に着けていたそうです。


2017_829w16.jpg


こちら5人部屋
映ってはいませんが、ひとり畳1枚分ぐらいというのが印象です。それにトイレがついて6畳という感じです。

2017_829w17.jpg


昔の裁判はこんな感じで行われていたみたいです。

2017_829w18.jpg


こちらは、囚人たちが寝泊まりしながら道を作るための疲労を回復すべくの小屋です。
1本の丸太を枕にして、起こされるときには丸太をたたきつけられるそうです。
蝋人形なのですが、一人で入ったとき、その一人の蝋人形と目が合って・・・怖かった。


2017_829w19.jpg



実際、このような5棟の建物に狭い部屋で管理されていたそうです。

他の場所もみましたよ。
お風呂も5日に1回程度だったそうで、時間も15分と決められていたそうです。
独房もありました。めちゃくちゃ暗くて闇の独房。ノイローゼになること間違いなし。


蝋人形飾っていたので、ちょっとしたリアル感を感じました。


網走に行く途中にて・・

北海道を中央から東に向かっています。道は真っすぐなのですが、距離が長いので途中道の駅、「おんねゆ温泉北の大地の水族館」へ立ち寄りました


2017_829w4.jpg



本人の希望で見せられないのですが、満面の笑みのパパです。


2017_829w7.jpg



こんなお魚さんも展示されていました。


2017_829w5.jpg



ドクターフィッシュと呼ばれる魚さんに母の手をうずめるの図。

それを見ていた次男も・・


2017_829w6.jpg



ピチピチしてる~


こちょばそうにしていました

2017_829w8.jpg


ここで見つけたのが、我が家の食卓でお世話になっているよつばの牛乳がここでであってびっくり。

その牛乳を使ったソフトクリームがあるのならば是非!!



めちゃくちゃおいしかった。



よつばならではの濃さと甘味があって、後味スッキリ。
いいな、いいな、こんなの大阪でも食べれたらいいな。


さぁ~!とこちらを後にして、ママ運転にて、網走に行ってきました。もちろん、向かう先はお決まりの場所です。


到着した、駐車場の傍らで次男坊が見つけてきたのが・・

2017_829w9.jpg



四葉のクローバー


いいことがありますように・・・

前頁へ移動する«  | HOME |  次頁へ移動する»

FC2Ad

 

プロフィール

ぴよまま

Author:ぴよまま
助産師している2児(2004、2007生れ)のママ。
インファントマッサージ(ベビーマッサージ)に興味をもち講師になりました。親と子の心温まるクラスを開催できていることに幸せ感じています。
地域にも貢献したいと熱意もって大阪市北区にて頑張っています。我が家の出来事、趣味や気になることを綴っていきます。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

お気に入りページ

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキング

 

ぴよままのホームページ

フェイスブック始めました
Mayumi Fujita

バナーを作成
親子の心をつなぐ
インファントマッサージ教室






にほんブログ村 子育てブログ 子育て支援へ
↑応援よろしくお願いします

カテゴリー