FC2ブログ

我が家の育児 ぴよぴよクラブ

大阪市北区のインファントマッサージ(ベビーマッサージ)教室、我が家の育児日記、母の趣味などを綴ります

2018-11

オークランド・その4、鳥の王国

2018_819w50.jpg


あははは!すごい風なのです。


今日は、お舟に乗って、島に渡ります。たった75分の旅と、ガイドブックに書いてありました。


Tiritiri Matangi Island


ローマ字読みすると、「チリチリマタンギ アイランド」


そういえば、税関で「どちらへ観光へ行かれるの?」と聞かれたときに、パパは、「チリチリマタンギ」と答えると、


??


という、顔をされました。
ここへ来て、その謎がわかりました。ガイドのメアリーさんが「ウエルカム トュリトュリマタンギ アイランド」と言っていました。
おおーー、チリチリパーマじゃないそうです。


2018_819w51.jpg


島へ入ります。そこで号令がかかり、島での案内が始まります。
15時30分まで船は迎えに来ません。
なので、お弁当持ちなのです。中でいらっしゃるスタッフはすべてボランティアスタッフ。

戦争で焼け野原になったこと、国独自の生き物を残していかなくてはいかないことを目的に、ボランティアスタッフで植樹、2000本以上?そして、動物を入れると野鳥が絶滅してしまうので、植物と鳥と昆虫ぐらいしかいないそうです。
なので、こちらは、「鳥の王国」とも呼ばれています。


2018_819w52.jpg


出迎えてくれた、鳥さん。
こんなに近くに来てくれます。警戒ゼロです。
食われる心配がないことと、人間も観光だけなので、恐れる心配がないそうです。

目のまえで、軽快にさえずってくれます。
双眼鏡、盛ってきましたが、いらなかったかも。

この木は密があまいそうな。それを好む鳥が多いそうです。


2018_819w53.jpg


2018_819w54.jpg


水浴びだって、目の前で。たのしそうよねぇ。

2018_819w55.jpg


ここは、砂糖水を置いている場所。
密の花が足りないときには鳥さんたちここへ飲みにくるそうです。
もうすぐ春。小鳥たち、出会いの季節。小鳥たちは、求愛の歌を奏でていますとメアリーさん。

メアリーさん、見た目、70歳くらい。

ガイドさん、見た目平均65歳以上。中には80歳以上もいるんじゃないかと思うくらい。

メアリーさんのガイドはとってもわかりやすく、長男も「わかる」と言っていましたが、メアリーさん山へ登るたびに、気持ち息切れしているような。そっちの方が心配な気がしました。2004年からガイドされているベテランさんだそうです。そして、日本語ガイドブックも持っていらっしゃいました。20年位前に一度日本へ来たことがあるそうです。その本で「この鳥は」と、名前を教えてくれましたよ。

休憩しながら登っていくので、リセットされるので、散歩コースなのかな?

2018_819w56.jpg

持ち込んだ植物が、ヤシの実だと思って育ててみたら、ヤシの葉っぱはでたけれど、木の実ができたのよ。
という、おもしろいエピソードも教えてくれました。

2018_819w57.jpg


この花、最近美容界では有名な、「マヌカ」です。
これを蜂蜜になると、「マヌカハニー」
グレードが+○○の数字が上がるほど純度が高いそうな。

グレード高いもの、免税店で見てみると、やっぱりお高い。化粧品ぐらいの値段はします。
グレードさえ気にしなければ、日本でも手に入るのですが、気になりつつも・・・結局購入しませんでした。
お花は2cmぐらい。とっても愛らしい。今がいい季節とメアリーさん。

2018_819w59.jpg


こちらの国の鳩。日本の鳩より二回りは大きい。鶏サイズです
警戒されることなく、写真取れます。
眠いのよー早くして!と言われているような、モデルさん気取りでした。


2018_819w58.jpg


こちら、ペンギンさん。
通常ペンギンさんはみえないのですが、人工的にペンギンの巣を作っているのです。
人工の巣には、石でできていて、上に鳥から見えないガラスの上に蓋をしてある仕組み。
蓋を開けて、携帯カメラかざせば見えるシステム


人形か?と思っていたのですが、動きが見えて、今は孵化前の卵を温めているそうな。
迷惑にならないように、すぐに蓋をし、その場を立ち去りました。


この島で、見たかったけど見れなかったのが、キウイ。
キウイフルーツの語源となっている鳥です。冬の季節は、木の根近くの土の中で過ごしているそう。
どんなんだったんだろうなぁ・・


この島、全然臭くない。鳥以外の動物いないので、畑の肥料のようなにおい全然しないのです。
草のにおい、木のにおいだけ。まるで、植物館のような場所でした。

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ぴよまま

Author:ぴよまま
助産師している2児(2004、2007生れ)のママ。
インファントマッサージ(ベビーマッサージ)に興味をもち講師になりました。そこから広がる子ども育てへの道。知りえたことは地域に貢献したいと、大阪市北区で頑張ってます。親と子の心温まるクラスを開催できていることに幸せ。
こちらのブログは、ほぼ、私の日記。クラス展開はアメブロがあります

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

お気に入りページ

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキング

 

ぴよままのホームページ

フェイスブック始めました
Mayumi Fujita

バナーを作成
親子の心をつなぐ
インファントマッサージ教室






にほんブログ村 子育てブログ 子育て支援へ
↑応援よろしくお願いします

カテゴリー